traceshare

アウターガイの生活ブログ

お知らせ

Beatrek OFX Proxyが公開開始、SBI証券・住信SBIネット銀行のOFXファイル取得に対応

Beatrekお知らせによると、Beatrek OFX Proxyが公開開始。

SBI証券住信SBIネット銀行の口座に対応している。

Beatrek OFX Proxyは、対応金融機関の口座情報よりOFXファイルを取得するサービスである。

アカウントアグリゲーションサービスは複数存在するが、OFXファイルの出力に対応しておらず、特に証券口座がFeliCa2Money経由で取得できないのは、大きな課題だった。

証券口座は情報量が多く、実際、Microsoft Money Plus Sunset Deluxeに手入力するとミスを起こしやすいため、かなりの不便を強いられていた。

いつまで経っても、この課題を克服できる見通しが立たないため、もはや自分で作るしかないと悟った。

PURSEロゴ

そこで、バリュートラストで構築したWebスクレイピング技術をPURSE™として再構築した上で、OFXファイルの生成ロジックを作り、PURSEと組み合わせた。

証券のOFXファイルは、銘柄の持ち高、売買履歴、入出金明細の3要素が必要であり、銀行やクレジットカードと比べて情報量が多い上に、構造も複雑になっている。そのため、OFX仕様を理解するだけでも、相当の時間を要してしまったが、試行錯誤を繰り返した末に、ようやく自分自身のニーズを満たすことができた。

克服すべき課題はまだまだ多いが、同じ悩みを持つ人がいるはずなので、ひとまず、動くものを公開する。今後、少しずつ改良を加えながら育てていきたい。

ソーシャルボタン

Twitter ツイート
Facebook シェア
Google +1
はてなブックマーク
Pocket

広告

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)