traceshare

アウターガイの生活ブログ

お知らせ

スマートフォンとフィーチャーフォンの役割分担

スマートフォンとしてASUS ZenFone 2 ZE511ML-GY32S4を購入したため、フィーチャーフォンとして現役活躍中のau G'z One TYPE-Xからの移行に取り掛かっている。

既に、スマートフォン購入前にフィーチャーフォンとの2台持ちを決めていたため、移行するものとしないものを整理しなければならない。大別すると、電話・SMSとおサイフケータイはフィーチャーフォンで、メール・その他通信関連はスマートフォンで、という括りになる。

フィーチャーフォンの通信料が高いため、通信の発生するものは極力、スマートフォンに移行したい。また、折角なので、PCで受信しているメールも一部、スマートフォンで読めるようにしたい。

とはいえ、メールに関しては、既存の環境からAndroidで使っているGoogleアカウントのメールへと移行するのが、なかなか骨の折れる作業だ。これまで、プロバイダーのアカウントと独自ドメインのアカウント、EZwebのアカウントの3つを併用していたためだ。

プロバイダーのアカウントは、主に金融関連等の重要なメールの受け皿として、独自ドメインのアカウントは、メールマガジンその他の受け皿として、そしてEZwebのアカウントは、即時確認の必要なメールの受け皿として、それぞれ使い分けていた。

ただ、上記ポリシーにそぐわない使い方をしているものも一部あったので、先行してそちらの是正作業に取り掛かった。この作業自体は、すぐに完了した。

その後、3つのアカウントからGoogleアカウントへの移行を検討すると、いくつかの問題点が浮き彫りになった。

  • Googleアカウントに残っているメールの整理(アカウント自体は、過去に作成したものを利用しているため)。
  • プロバイダーのアカウントのメールを移行して良いか(スマートフォンには極力、個人情報を入れたくないため)。
  • 独自ドメインのアカウントのメールを移行しなくて良いか(通数が膨大になるが、有用な情報も含まれているため)。
  • EZwebのアカウントのメールを全部移行して良いか(フィーチャーフォンでは起こり得ない、受信の見逃しが起こり得るため)。

その後、個々について検討した結果、移行の第一段階としては、以下の整理とすることにした。

  • Googleアカウントに残っているメールは、すべてアーカイブし、なかったことにする。また、今後は、スマートフォン専用のアカウントとして使用する。使い分けが安定したら、アーカイブしたメールを削除する。
  • プロバイダーのアカウントのメールは、移行しない。
  • 独自ドメインのアカウントのメールは、移行しない。有用なメールは、個別に転送するか、送信先を変更するかを、個別に検討する。
  • EZwebのアカウントのメールは、Googleアカウントにすべて転送する。今後、受信の見逃しが起こらないようであれば、フィーチャーフォン専用のメールを除き、すべて移行する。

当面、環境的にはグチャグチャな状態で運用することになるが、できるだけ早く、新しい環境へと移行し、慣れていきたい。

ソーシャルボタン

Twitter ツイート
Facebook シェア
Google +1
はてなブックマーク
Pocket

広告

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)